続きを読む

 

9月13日公開の「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」の日本語吹き替えを担当する、加藤浩次さんと山寺宏一さんが公開アフレコをした。
衣装が映画の内容に合わせて囚人服を着ての牢獄セットでのアフレコだった。
狂犬の異名を持つ加藤浩次さんは牢獄には入ったことがないと言い切ったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です