CBR サイトより
2014-08-20_135043

現在X-MEN誌を担当しているマーク・グッゲンハイムのインタビューが到着!
CBRニュースから
「まずはじめにX-MENにお帰りなさい。
あなたが以前にX-MENを書いていた時とはかなり変わりました。
あなたが担当した時と現在とを比較してどう思いますか?」

という質問にたいしマーク・グッゲンハイムは、

「私は以前メシア・コンプレックス直後のヤング・X-MENを書いたんだ。
あの頃はミュータントがわずかしかしなくなてしまった状況だったけど、
私はまだ新しい人物を紹介しなければならなかった。
その頃は、サイクロスが作る国もなかったのでニューミュータンツを出すにはいい時間ではなかった。
X-MENの世界が軌道に乗るまでの最初の5カ月間は、
新たなストーリーを発明しなければならなかったんだ。
現在X-MENの世界はよく解決されて素晴らしい状況です。
多くの狂ったものが続いているものもありますがね。
私が入って物語を語るよりもむしろ周りでチャレンジする書き方だ。
だから女性だけのX-MENチームを持つこともとても素晴らしいことだ」

他にもX-MENについて多く語っておりますので是非一読を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です