MARVEL 公式サイトより
2014-08-21_213249

マーベル 75th アニバーサリーの一環。
アベンジャーズの昔のストーリーラインであるアンダー・シージを振り返る。
ブシェーマとパーマーは28年後に今だファンで溢れるアベンジャーズとマスター・オブ・イービルを描きました。
アベンジャーズ #270から#277に渡って描かれる、2代目バロン・ジーモによる新たなマスター・オブ・イービルとの対決。

誰をマスター・オブ・イービルに入れるかどのように決めました?という質問に対しライターのロジャー・スターンは
「良い質問だ。
私はアベンジャーズの初期にすでにバロン・ジーモのいないマスター・オブ・イービルを使っている。
私は彼らを戻し、アベンジャーズのためにさらなる恐るべき敵に作り上げたかった。
だがそれは私のチャレンジでも難問だった。
カーンやウルトロンは別として、アベンジャーズはメジャーなヴィランを持っていなかった。
最初のマスター・オブ・イービルは彼らの個々のヴィラン達から成り立った。
そして私は前のストーリーを振り返り、何かに気づいた。
初代バロン・ジーモはアベンジャーズに1対1の数であった。
そして私は本当の緊迫感として、アベンジャーズ以上の人数によって優勢にさせることを思いついたんだ。
つまり彼らは悪者だ。
彼が正々堂々戦うかい?
もちろんそうではない。
バロン・ジーモの息子、新たなバロン・ジーモにスーパーヴィランを率いさせることでアベンジャーズに対抗したんだ」
 
他にも多くのことを裏話を話していますので是非一読を。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です