CBR サイトより
2014-08-22_124600

あらゆるマルチバースのスパイダーマンが登場するクロスオーバーに、正史世界では死亡したグウェン・ステーシー。
別次元でスパイーダーウーマンとして活躍する彼女が「エッジ・オブ・スパイダーバース #2」に登場する。

ライターのジェイソン・ラトゥール、アーティストのロビー・ロドリゲス、カラーリストのリコ・レンジのインタビューも届いています。
「グウェンとその世界は読者を興奮させるスパイダーウーマンになりましたか?」という質問に対しジェイソンは、
「さて、私は最初にそれを見事なキャラクターだと思った。
その大半の称賛は釘づけにするロビーに行った。
しかし、それは本当に個人的に重要な物語だった。
彼女はスパイダーマンと同じくらい初登場がミステリアスだった。
性別の要素は二番目だった。
私は多くの反応を得られると思う。
人々は公平な何かに飢えている。
それを超えておそらくわずかなカタルシスが始まる。
最初のグウェン・ステーシーの死に多くの読者はピーターがスパイダーマンになったから、という根本的原因を当然のこととみなした。
・・・
私はその悲劇が違った世界に本当に興奮している。
そして彼らが愛するようになったキャラクターがまた息をする」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です