CBR サイトより
2014-08-29_221034

10月より発売される「バッキー・バーンズ:ウィンター・ソルジャー」のライター、アレス・コットとアーティスト、マルコ・ルディのインタビューが到着。

CBR:
「アレス、あなたは「ゼロ」と「シークレット・アベンジャーズ」の試みで自身の評価を作った。
ジョン・ル・カレのスパイコメディ話のようにスパイジャンルの多種多様をカバーしています。
あななたにとても魅力的にする彼らのスパイの世界についてはなんですか?
大好きなスパイ作品はありますか?」

アレス・コット:
「彼らの核、スパイストーリーは我々が社会で行っていることについて。
我々はプライバシーと保安について大きな国民との対話をしている。
プライバシーと開放性について。
支配と自由について。
これらは人が対処している全体の中心的なもののいくつかだ。
そしてスパイストーリーはこれらのテーマをろ過することだできるもののひとつだ。
そして終わりまで働き理解される。
「ゼロ」は私のイメージコミックスでのシリーズで、テーマは調査。
私が言及した戦争と暴力、そして自然と教養。
「ゼロ」で少なくとも今は、私は大部分の悲劇を角度を通して見ています。
「シークレット・アベンジャーズ」で私は何かをすると決め、ずっと根絶やしてる茶番を二度同じことをしなくなかった。
物語がどのように新しい物語を作るか見るのが面白い。そして、私が彼らと取り組んでお互いに知らせる。
「ウィンター・ソルジャー」を私は欲しかった何かか最初に確信をもてなかった。
私には健全な考えと正常なチームがなければならなかった。
お金が素晴らしい事をしていた、そして目に見えていたけども、それがプロジェクトを引き受けるのに十分ではなかった。」

全文はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です