MARVEL 公式サイトより
2014-09-26_201313

パート1はこちら

問題から問題へ非常に続くことで、ファンはたまたまシークレットウォーズに気が付かざる得なかった。
トム・ブレヴォートさえ、ファンにその時初めて本について聞かされたのを覚えている。
「私はコミックプレスでシークレット・ウォーズについて聞かされた。
私はまず最初にそれはわずかに異なる名前があったことを思い出す。」
と現在のマーベル・エグゼクティブ・エディターは言う。
「私は特に興味をそそられるが、そんなに大きな物語でいたと知らなかった。
あなた達は立ち止まらざる得なかった、そして報告した。」
ファンは物語に注目して毎月75セント出したかもしれない。
しかし、これらの大きな変化は必ずしもしっくりこなかった。
「ストーリーとしてシークレット・ウォーズが好きでなかった一部のファンに憤慨があった。」
マーベルの歴史家ピーター・サンダーソンは言う。
「しかし、彼らがMARVELの連続性にこれらの大きな変化がどのように起こりそうか学びたかったので、彼らの多くはそれでも買い続けた。」
論争によってシリーズさえ囲まれ、「何が次にあるのか見なければならない」心理が巨大な成功に変えた。

全文はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です