バッキー・バーンズの仕事を振り返る!

 

MARVEL 公式サイトより
2014-09-30_153116

今週から新たなシリーズ「バッキー・バーンズ:ウィンター・ソルジャー」が開始される。
ウィンターソルジャーが彼の新たな仕事で地球をエイリアンの脅威から守るのを開始するまえにあなたは、彼の前の仕事をいくつかチェックすることができる!

彼が第二次世界大戦の間のキャプテン・アメリカのパートナーとなったとき、将来のウィンター・ソルジャーは彼の職歴に有利なスタートを得た。
J・ブキャナン・バーンズはバッキーになった。
センチネル・オブ・リバティの青くて赤い助手ならびにアメリカのティーンを集結させたインスピレーションを与える。
市民はバッキーのスナイパー・トレーニングを知らなかった。
そして、ニュースはキャップの気のきいたこを言う盟友の死の責任があることを決して明らかにしなかった。

バッキーには彼の次の仕事において、彼に拒絶する選択しがなかった。
彼が第二次世界大戦の終戦間近の日にバロン・ジーモとの交戦の間、表面上落ちて死んだあと、ロシアの科学者は壊れたバッキー・バーンズを救い完全に彼を洗脳しウィンター・ソルジャーとして働くために非常に訓練された工作員として設置された。
キャップが氷の上に残る間、バッキーはソビエト連邦の対象者リストの名前にチェックをつけるために数十年を費やした。
彼の年をとったパートナーとの出会い、コズミック・キューブの爆発で最後に若干の感覚を彼に叩きこんだ。

洗脳から自由になった後にバッキーは世界で自分自身の場所を見つけるのに苦労した。
それから、彼はあらゆるスーパーヒーローが夢見るタイトルを授与された。
バッキーはキャプテン・アメリカになった。
もちろん仕事はスティーブ・ロジャースの一時的な死によって解放されたので、バッキーはそれが冷血な殺人者から世界で最も著名なヒーローにまでの昇進を賛美するのは難しいとわかった。
キャプテン・アメリカとしてのバーンズの保有権はロジャースの死により長く続き、彼にスーパーヒーローである価値ある経験をした。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です