MARVEL.com サイトより
2014-11-18_170726

インヒューマンズの女王メデューサは夫ブラック・ボルトと並んで、彼らが遠い場所からもう一つへ移り、彼女はインヒューマンズを導いた。
メデューサが常に努力家であった彼女の仕事を振り返る。

とても特徴的でない仕事を続けている間、メデューサはデビューした。
インヒューマンズは彼のフライトフル・フォーに加わるためにウィザードに追って入れられ、ヴィランとしてインヒューマンズの女王を読者に紹介した。
敵対者としての彼女の保有は長く続かなかった。
フライトフル・フォーの明瞭な態度は彼女の家族の注意を引いた。

インビジブルウーマンが彼女の昏睡状態の息子を気にかけるためにチームを休んだ時、メデューサはもう一人のファンタスティック・フォーメンバーとして加わった。
彼女はサンドラ、ミラクルマン、アイヒラス、ドクター・ドゥームのようなヴィランに対してミスター・ファンタスティック、シング、ヒューマントーチと並んで働くため、力強い髪を使用した。
たとえ彼女が2年の間チームに努めたとしても、メデューサは常に彼女の紫のレオタードを着た。そいて、決して一度もフォーの既定の服装に従わなかった。

最近ファンタスティック・フォーが彼らの4分であると思ったフューチャー・ファウンデーションの代わりに一連のヒーローがフォーをになった。
もちろんそれらの4分は結局非常に長い時間となり、メデューサを最後まで持ちこたえることとなった。
アントマン、シーハルク、ダーラ・ディーリングと共に地球で最も利口な子供達の講師と管理人になった。
メデューサは働くために母性本能と学生の師と代理母として働いた。

Charles Soule
Marvel
2015-05-05



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です