X-ポジション:「マグニートー」についてカレン・バンのインタビュー!

 

CBR サイトより
2014-11-19_161405

今週のX-ポジションにカレン・バンはより大きなマーベル・ユニバースのマグニートーの個所はやがて発売される発行物でのジャノーシャの役割と謎のブライアー・ローリーの本当の動機について、あなたの質問に答える。

CBR:
「『マグニートー』に対する一貫した称賛に加えて、我々読者による『ブック・オブ・ザ・イヤー』になった。
多くの人々はポラリスはどうしたのかということを知りたい。
あなたが本で彼女を利用する計画を持つ。どのようにあなたは彼女ともぐニーと―の関係を見るのか・
真面目な話し、人々はローナ・デーンに関するあなたの考えをすべて知りたいです。」

カレン・バン:
「私はポラリスのファンが来る日を非常に喜ぶと思う。
私は常に彼女に現れさせたかった。しかし、私は正確な時間を期待する必要があった。
私がしばらく使用する予定になっていた若干の他の要素は、結局私が単に抵抗することができなかったポラリスについての考えでとてもよくすることになった。
そう・・・はい・・・ポラリス・・・そして、すぐに。
彼女とマグニートーの関係に関してはそれは確かに難しくなる。
彼は自分自身で彼女から遠ざかっていて、そして信頼が彼女を連れてきた。
マグニティズムのマスター。父であることの熟練者?それは少なくともある。」

全文はこちら

Marvel Comics
Marvel
2015-07-28



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です