エヴァンジェリン・リリーはアントマンを語る!スクリプトの新しいものと古いものの違いを明らかにする!

 

CBM サイトより
2014-12-04_014707

「まず最初に私は言ったの、ありえない。ありえない。」とマーベルの映画「アントマン」のキャストに加わる機会を提供されることに対する彼女の最初の反応について尋ねられ、彼女は笑って話した。
「そして、『ポール・ラッドがリードしている。』と彼らは言ったの。
そして私は言ったわ、『あぁそんな。私はポール・ラッドが大好きよ。私は本当に彼と働きたい!
じゃ私に脚本を送ってください。私はそれを読んで、考えます。』
そして、私はそれまでしなかった、マーベル映画を見始めたわ。
・・・私は映画に関してちょっとした俗物よ。
ポップコーンを音をたてて食べている映画に決していかない。
私は心地よく驚いた。
私はこれらは実に素晴らしい。彼らは素晴らしい映画を製作していると思ったの。」

師のような役割を引き受けていた以前のハンク・ピムから、映画がスコット・ラングに集中するという決定を巡るいくらかの論争が明らかにあった。
しかし、まだ彼はアントマンで重要な役割を果たすようだ!
「私はハンクとスコットのストーリーを混ぜるエドガーの考えが素晴らしいと思った。
ファンはハンク・ピムのストーリーを語ると主張するけども、スコット・ラングの側でより多くのそれは送られる。
・・・私は私たちが彼ら全員を喜ばせることの近くに来ていると思う。
そしてクールなことに、あなた達が知っての通りジェネット・ヴァン・ダインが私の母であること。ハンク・ピムが父であること。
私は2人のスーパーヒーローによって進級した。
私は間抜けではない。
私は賢く、有能で、能力があり、蹴っ飛ばす女性よ。
彼女は非常にクールだわ。」

エドガー・ライトが去ったことに関してどう思ったか尋ねられると、
「私は考えたわ、マーベルが大きな弱い者いじめであって操り人形を望んでいたら、私はこの映画の中にいることに興味を持ってなかった。」
エドガーが去った後、アダム・マッケイとポール・ラッドによって書かれた新たな脚本を彼女は待った。
「フィッティングに入ると思われた前日、私は脚本をようやく得たの。
私は言ったわ。『脚本をみるまで私は『試着をするつもりはない』と。
私はマーベルが今彼らの世界の脚本を私自身の目で見た。
つまり彼らは世界を確立して、誰でもマーベルに対する特定の感覚が撮影する確かなの美学が予想できた。
そして、エドガーが作っていたものはずっと多くのエドガーライトのキャンプにあった。
彼らは非常に異なったの。」

「そして、私が感じたのは、マーベルがエドガーの素晴らしい視野を作り、それが映画へなったらとても面白く、見るのがそれだけ楽しみだった。
しかし、それはマーベル・ユニバースにはめ込まなかった。
どんなに良かったとしてもそれは場違いになる。
それはちょうど今、彼らが作ろうとしているこの密着するユニバースから連れ去ったわ。
したがって、それあ彼らが中止された疑惑を滅ぼし、構築したの。」

アントマン:シーズンワン (MARVEL)
トム・デファルコ
小学館集英社プロダクション
2015-01-28



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です