オスカー・アイザックは映画「X-MEN:アポカリプス」での『アークエンジェル』について話す!

 

CBM サイトより
2014-12-05_143342

最近のインタビューにてオスカー・アイザックはX-MENコミックの大ファンであったことを明かした。
現在、IGNに話しかけている間、アイザックはすべてのアポカリプスについて徹底的になり、いくぶんスクリーンのための純粋悪であるものとして示されるキャラクターが必要であると感じる。
「会話の初期に我々はたいへんそれ(アポカリプスの異なる見解と課題)について話した。
当然のことながらあなたはコミックブックを読んで灰色でなければならない彼の顔以外は。(笑い)
それは彼についての唯一の灰色だ。
ブライアンが他の映画でされるちょうどその時、私は彼がキャラクターの原型的な面より少し面白い何かを見つけようとすると思う。
最終的にこれが人間についての話しであるので、アポカリプスの人間らしさを見たいと思う映画として働く。
我々が感じることはちょうど異なるもののための異なるシンボルだ。それで、このキャラクターで私は心理的に面白く、キャラクターの精神的面が非常に魅力的で、誰であるか見つけようとする挑戦に、信じられないほど興味を持っている。」

X-MENのエンジェルを演じたベン・フォスターについての復帰に関して質問されると、
「彼は名優だ。
私は彼らがどのようにキャラクターがどのように働きそうか本当いわからない。
しかし、私はエンジェルを知っている。そして、特にアークエンジェルはそのストーリーの大好きなキャラクターの1人だ。
それはクールでダークなストーリーだった。
私はそれが映画の上でわかるいかしたものだと思う。」


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です