スパイダーマン・アニュアル #1についてのショーン・ライアンとジャン・ニッツのインタビュー!

 

CBR サイトより
2014-12-09_013052

今年の「アメイジング・スパイダーマン・アニュアル」はスパイディと彼の世界による2つの別々の話しでどれくらい多様かについて示す。
1つはショーン・ライアンとブランドン・ピーターソンによるもの。もう1つはジャイ・ニッツとロン・サラスのバックアップによるもの。
我々は彼の冒険についてライアンとジャイ・ニッツについて話した。

CBR:
「ショーン、2000年代エディターとしてマーベルのために働いていたとき、あなたは主にX系ブックを編集していた。
ライターとして会社に戻った今、あなたはスパイダーマンを必要としている多くの任務を得ている。
最後にスパイディと彼の冒険への狙いを得ることは何のようですか?
どれくらいあなたはキャラクターのファンでしたか?」

ショーン・ライアン:
「それは素晴らしい!
私はスパイダーマンを愛しています。
彼の周りの最高のスーパーヒーローと書くのが楽しい人物だ。
私は子供の頃からずっとスパイディのファンだった。
私は90年代からフォックスアニメの助けを借りてキャラクターに入った。
90年代にはすべてのクローンものは続いていた。そして、私の子供の脳はそれがどれくらい複雑に見えるかについて怖がった。
90年代にX-MENコミックを読んだけれども、私は何について心配したかよくわからない。
しかし、私はそのフォックスアニメが好きだった。そして、それは私にキャラクターと彼のすべてのヴィランを紹介する大きいものだった。」

CBR:
「ジャイ、あなたは長年にわたっていくつかのマーベルブックのために書きました。しかし、これはスパイダーマンの世界を調査するあなたの最初の機会です。
どのようにそれを感じますか?」

ジャイ・ニッツ:
「それは怪しくて挑戦的な感じがする。
私は決まり文句のスパイディストーリーをとってそれをその耳に向けたかった。
ライターがスパイダーマンをストーリーを損なうほど機知に富んでいて軽口で一杯にする努力をするとき、私はそれを憎むので私は沈黙と音、コミックの中に存在しないが、それ集中した記事を書きたかった。
音響効果はアートを通して視覚化されなければならない。
私はアーティストとしてロン・サラスがいるということ知っていたので、私は脚本を彼のキッチンへ投げいれた。」

全文はこちら


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です