ソーを手掛けるラッセル・ドウターマンのインタビュー!

 

NEWSarama サイトより
2014-12-09_175636

ソーのアーティスト、ラッセル・ドウターマンの不可解なムジョルニアの所持者のために持ってくることが満足である理由について話した。

NEWSarama:
「ラッセル、今年あなたのためのかなりの旋風があった。
この12月、あなたはスプービア・オブ・ブームをしていた。
さて、あなたは明確な態度を招いているソーの再起動をする。
3巻までの途中にある2つの巻はあなたにとってなんのようでしたか?」

ラッセル・ドウターマン:
「はい、この年は非常にクレイジーだった!
私はおよそ1年前ニューヨーク・コミコンでアーティストの路地テーブルを持っていた。
私はちょうど今スプービアを終えて、本当に次のプロジェクトが何になるかわからず、より多くの主流のスーパーヒーローの職場に侵入することさえできるか心配した。
私はその会議に多くの圧力を与えた。
ものはそのショーでクリックしたが、そこから飛び立った。
私はちょうど今年再びニューヨーク・コミコンですべてのソー愛に素晴らしく圧倒された。」

全文はこちら


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です