新たなオンゴーイングシリーズ「スパイダーグウェン」に関してジェイソン・ラトゥールのインタビュー!

 

CBR サイトより
2014-12-10_040911

マーベルが2月に別次元のスパイダーウーマン、「スパイダーグウェン」というタイトルがラトゥール、レンジ、ロドリゲスによって新たなオンゴーイングシリーズとして始まる。
グウェン・ステイシーがアース616の地球と彼女を対比する始めのストーリーについてジェイソン・ラトゥールと話した。

SPV-variant-6103fCBR:
「私はあなたがスポイラーを避けるためにここで漠然としていなければならないということを知っています。
しかし、あなたのタイトル『スパイダーグウェン #1』が開始する時、『スパイダーバース』の戦いから戻ってきました。
それで、どのようにそれは彼女に衝撃を与えましたか?
 #1が始まる時、彼女の精神状態は何ですか?」

ジェイソン・ラトゥール:
「それは我々がこの最初のストーリーで尋ねている疑問だ。
私は『スパイダーバース』を読むことが重要であるとは言わない。この本は単独で完全に動く。しかし、彼女が戦争で戦っているならば、それは無視するのは不可能だ。
彼女はヒーローのスパイダーマンとスパイダーウーマンの多数と相互作用していた。その多くはピーター・パーカーだ。
彼女の世界のピーターに起こった悲劇の後、そういう経験が彼女の頭に少し干渉しないことはない。
一方で彼女は彼らのヒロイズムの影響を受けて、同様に他の人を奮起させることができるスパイダーウーマンであろうとして戻ってきた。
しかし、彼女の傷も少し開いた。
ピーターが本当にそうでありえたすべてのものを見ることは、彼の死がどれくらい大きな損失かについて家で打たれる。
彼女は本当にピーターを失うことが意味するものに真剣に取り組むよう努めている。
多分、あまりに一生懸命にトライする。」

全文はこちら

Edge of Spider-Verse
David Hine
Panini Books
2015-01-14


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です