マーベル・スタジオはスパイダーマンを白紙でMCUに連れてきたい!

 

COMIC BOOK.com サイトより
2014-12-13_014437

ラテン・レビューはマーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの間でさらにスパイダーマンの権利の共有取引の可能性を報道し、それが通過する取引にたいして妨げているかもしれない引っかかる点を明らかにした。
取引が2つのスタジオがキャラクターが60/40に対する権利を共有しているのを見る間、マーベルは完全な創造的支配を得て、白紙の状態から始まりたい。
言い換えると、彼らはスパイダーマンをアメイジング・スパイダーマンフランチャイズとしてマーベル・シネマティック・ユニバースに連れてきたくない。
彼らはゼロからキャラクターの彼ら自身のバージョンを作成したい。
これは真新しい俳優アンドリュー・ガーフィールドの代理を務めるピーター・パーカーの役を振り当てたいことを含む。
ソニー・ピクチャーズのヘッド、エイミー・パスカルがこの取引を明かしていない主要な理由の1つだった。
マーベル・スタジオはどんなアメイジング・スパイダーマンのスピンオフ映画、女性キャラクターによって導かれるもの、メイおばさんのソロ映画を含む、ソニーの計画も棚上げする。
これは彼らの製作するどんなスパイダーマン映画も遠ざけるマーベルの努力の部分だ。
伝えられるところではスタジオはスパイダーマンのオリジンストーリーとロマンスによる映画が済んで、スパイダーマンとしてスーパーヒーロー経歴がすでにある十代のピーター・パーカーを紹介したいのを感じる。
ロマンスは最高でもわき節で、映画は主に彼のスーパーヒーローの人生とティーンエイジャーの人生とのバランスをとろうとする挑戦に集中する。
ラテン・レビューでも述べているようにマーベル・スタジオはキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーのための脚本は完了している。そして、当然今脚本はスパイダーマンの出演を含まない。
しかし、ソニーがこの取引に同調するならば、マーベルはスパイダーマンによって少なくともカメオ出演の余地を与える脚本をに多分変えるだろう。

アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-08-22



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です