3月の新しいシリーズにスパイダーマンの伝説的なクリエイターのゲリー・コンウェイが帰ってくる!

 

NEWSarama サイトより
2014-12-13_021819

ASMPO016_jpeg (1)

古典的なスパイダーマンの筆記者ゲリー・コンウェイが大規模なフランチャイズに戻って、アメイジング・スパイダーマンと共に5パートから成る筋書きを書いている。
コンウェイはトムストーンとハンマーヘッドのような古典的なスパイディヴィランを共同で作って、グウェン・ステイシーの死等を手掛け、彼がコミックで家に帰ってくるのを興奮していると話す。

NEWSarama:
「ゲリー、あなたが来年に向け書いているアメイジング・スパイダーマン・ストーリーは何ですか?」

ゲリー・コンウェイ:
「大規模にそれはスパイダーマンへの私の大きな復帰だ!
より少ないスケールでそれは2人についての話しのようだ。
彼の大きな『スパイダーバース』イベントから帰っていて、犯罪戦争に参加しているスパイダーマンと彼を支えるキャストの1人のストーリー。
スパイダーマンのエディター、ニック・ロウはヒーロー的であるスパイダーマンの軌道でキャラクターをとり、暗い旅行にそれらを与えるために私はあっただろう。
読者が共感することができるあらゆるターン、だがそれらの彼らのより暗い場所へ連れて行き、続く道に沿って彼らを連れていく。
そして、それがスパイディに何をするか見ること。
我々が選択した人物はポリスキャプテンのユリ・ワタナベ、現在のレイスだ。
彼女が法律に両方の法律にうるさい人間だが、自警団員であるためにダン・スロットがアメイジング・スパイダーマン #600で彼女を紹介した時から、彼女は面白い人物だった。
このストーリーは彼女を少しひっくり返す。」

全文はこちら



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です