スパイダーマンのマーベルでのソロ映画のための計画が漏らされる新たな詳細!

 

CBM サイトより
2014-12-13_183942

スパイダーマンソロ映画のマーベルの計画の詳細はラテン・レビューによって発見され、スラッシュ・フィルムによって繰り返し言われた。
レポートによると、マーベルはメイおばさんのオリジンストーリーのスピンオフを含んだ女性スパイダーマン映画のソニーの計画について「ひどく嫌っている」という。
その理由で共同のソニーの取引が起こることになっているならば、マーベルは「キャラクターの創造的な制御」を持つために見ている。
この創造的な支配は「ソニーのアメイジング・スパイダーマン世界を最初からやり直す」ことを伴う。
そして、それはアンドリュー・ガーフィールドを戻さないことを含む。
もう一つのレポートがそれに言及しているが、ソニーはちょうど10月アンドリュー・ガーフィールドを既に解雇したかもしれない。

マーベルが彼自身のソロのスパイダーマン映画のために大きい変化の1つは「ロマンスとドラマから離れて」焦点をとると言うこと。
マーベルはそれを理解し、「ロマンスはすでに5つの作品で続いた。」
その代わりに、ロマンスは映画全体の横のストーリーの一部であるだけだ。
メリー・ジェーンには悪いが、もやはマーベル主導のスパイディ映画の大きな焦点はない。
マーベルの主要な計画はスパイダーマンとして焦点にスーパーヒーローを連れてくることだ。
キャラクターを彼の本当のルーツに戻すこと、スーパーヒーローとして彼の2重の人生のバランスをとるために戦っているティーン・エイジャー、「最初の2004年のスパイダーマン2でよく生き返った巻が映画化される。
マーベルも、「スパイダーマンの起源は人が良くよく通る領域だ。
この新しい取引のどんな新たなスパイダーマンでもスパイダーマンとしてすでに2重生活を送っているピーター・パーカーから始める。
」と思っている。
レポートは「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォーで彼のMCUへの導入として用いられ、デビューする」と述べて終えている。

アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-08-22


ウルトラバリュー スパイダーマン ブルーレイセット [Blu-ray]
トビー・マグワイア
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-12-20


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です