ディズニーインフィニティにの変わった部分についてパトリックとホセのインタビュー!

 

MARVEL.com サイトより
2014-12-13_195434

パトリック・エファードとホセ・アバロスにはゲームの仮想おもちゃの範囲内で、多くの創造的なスパークを燃やす機会があった。

MARVEL.com:
「あなたはトイ・ボックスがどのようにあなたの創造的なサイドの束縛から離れて本当にすることができたか話せますか?」

パトリック・エファード:
「トイ・ボックスはマーベルがとても有名である壮大な、クロスオーバーメガイベントのような感じをすることができる。
アベンジャーズ、ガーディアンズとニック・フューリーのシールドと協力しているか、1対1で行く予定になっているすべての経験にはシークレット・ウォーズの感じがある。
特に最後まで抵抗するマーベルファンにとって、色々なキャラクターを混ぜてマッチすることはゲームの感触を確かに変えることができる。
チームにいるスパイダーマンまたはキャプテン・アメリカと一緒のアイアンフィストはニュー・アベンジャーズで一緒の時間を思い出させる。対になるガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーによるアイアンマンまたはヴェノムは彼らのより最近の名簿の感触を反映することができる。」

MARVEL.com:
「どのようにゲームの熱心なコミュニティは新しいトイ・ボックスよ創造のツールを受け入れましたか?
どんな特定の例が?」

ホセ・アバロス:
「私がDIコミュニティから見た多くの面白いレベルがった。そこで、あなたは彼らが何をするかについて見る。
そして、あなたは『へぇ、私にはそうすることができるという発想がなかった!』のようなものがある。
1つの例はエルダディ3による『ザ・キャピタル・ディフェンス』だ。
そこで、彼らはボーリングボールの後、カメラを使う。
しかし、ボールは床の下にあるのであなたはそれを見ることができない。
この結果としてあなたに全レベルを示すパニング・カメラがある。そして、それはトイ・ボックスの中に存在しない影響だ。
ちょうど1つのおもちゃ、テキスト・クリエイターを用いて彼らがこの手足を伸ばしているチューズ-ユア-オウン-アドベンチャーをすることができた所で、もう一つのすごい例『チョイス・クエスト』がある。
70の結末が好きにしてできる!」

全文はこちら



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です