アクセル-イン-チャージ:アクセルは「スター・ウォーズ #1」の100万部売ることについて話す

 

CBR サイトより
2014-12-14_154231

毎週金曜日はマーベルコミックス編集長アクセル・アロンソの定期的なインタビュー。
アロンソも100万部以上の新しい「スター・ウォーズ #1」が小売業者に売られたという最近のニュースについて話した。

CBR:
「私は大きいニュースについて尋ねたい、とりわけ本当に大きい数の。
マーベルは『スター・ウォーズ #1』を100万部を売ったことを今週確認しました。それは明らかに印象的な数です。
きっと予想はこの巻のために大きかった。しかし、マーベルがその数字を合法的に予想するならば、私にはわかりません。最初の反応はなんでしたか?」

アクセル・アロンソ:
「我々は数を成層圏に入れることができたという多くの要因に基づき、予感をもった。
1つ目、我々は我々は才能あるラインナップで大砲を出した。ジョン・カサディ、ジェイソン・アーロン、キーロン・ギレン、サルバドル・ラロッカ、マーク・ウェイド、テリー・ダッドソン。
2つ目、それは『スター・ウォーズ』だ。
3つ目、『スター・ウォーズ』はマーベルに帰ってきている。そこでそのコミックライフは始まった。
そして4つ目、我々がルーカスフィルム・ストーリー・グループと共に働いているのと、我々の話しはスクリーン上のものと同じくらい公式の連続性に関連している。
我々は確立についてだいたい利益があるとかんじた。
しかし、我々は100万を予想しなかったセールスとマーケティングを担当するデイビッド・ガブリエルはした。」

全文はこちら


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です