本当にマーベル・スタジオはスパイダーマンをシビル・ウォーで必要なのか?

 

COMIC BOOK.com サイト
2014-12-16_153829

多くは先週インターネットの上へお漏れたソニー・ピクチャーズの文書が出てきた。
コミックブック映画ファンにとって、最も多くのものはマーベル・スタジオがスパイダーマンに映画化権を共有するためにソニーとの取引を求めていたことを確認する文書が出てきた。

アイデアははマーベルがキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーにおいて、おそらく大いに政府の新しいスーパーヒューマンの規則の影響を受けるヒーローとしてスパイダーマンを紹介するということ。
スパイダーマンの秘密のアイデンティティは最初のシビル・ウォーコミックシリーズの間、明らかにされた。そして、危険性を例証する方法が彼の秘密のアイデンティティを共有するということで、ピーター・パーカーが使われた。
確かにピーター・パーカーの場所がシビル・ウォーストーリーにある。

しかし、マーベルはスパイダーマンをシビル・ウォーのために本当に必要とするのか?
そうは思わない。

スパイダーマンは2つの理由のためにシビル・ウォーのコミックシリーズで不可欠な部分だった。
1つは彼が守る超人的なコミュニティの一員でない愛されるもの、メイおばさんやメリー・ジェーン・ワトソンが秘密のアイデンティティと支えるキャストが一緒のマーベルで最も目立つ人物であったからだ。
キャプテン・アメリカとアイアンマンが戦争を行っている間、キャプテン・アメリカのアイデンティティはシールド政府と共にすでに閉じ込んでいた。
アイアンマンに関しては彼のアイデンティティはそこで秘密だったがトニーは決して家庭的な男でなかったために、危険は主に自分自身にあった。

ピーター・パーカーはあってはならない秘密のアイデンティティを明らかにすることで最も負けなければならなかった。マーベルが暗殺者がピーターを捜しに行った時、車で帰りその代わりにメイおばさんをそれは撃たれた。
しかし、秘密のアイデンティティの彼らがマーベル・コミックス・ユニバースでするのと同じものをマーベル・シネマティック・ユニバースで意味せず、このすべてのストーリーの糸は映画化のために不必要だ。
実際、概念がかろうじて存在する。
マーベル・シネマティック・ユニバースのスーパーヒーローは変装した神またはストリートレベルの自警団員ではない。彼らはわかるすべてのためにトップで名前のロゴを飾ってタワーに住んでいる有名人だ。あなたはアベンジャーズを捜しに行く必要がなく、彼らは明白に視界に座っている。

映画で関係する人々は彼らがスーパーヒーローの秘密のアイデンティティについてより少なくするためにシビル・ウォーのストーリーを変えていると既に言った。そして、なぜそれにスパイダーマンを押し込むのか?
それに加え、先週からのレポートが信じられているならば、マーベルは彼のスーパーヒーローの人生と彼のありふれた責任とのバランスととろうとしている10代のヒーローに集中するスパイダーマン映画フランチャイズをリブートしたい。
それは彼らが彼をユニバースの1日目の間のピーター・パーカーであると暴くならば、するのが難しい。

スパイダーマンがシビル・ウォーで演じた第2の役割は、アイアンマンとキャプテン・アメリカの間の道徳的な理由を移すのを表すことだった。
スパイダーマンはシビル・ウォーのイベントのずっと前、アベンジャーにならずに彼のチームメイトに確かな彼のアイデンティティを示した。
彼はトニー・スタークと科学に対する共有の愛情について親しくなり、トニーは彼の陣営の下にピーターを連れていった。
それで、シビル・ウォーのイベントが始まった時、トニーにはピーターの完全な信頼があって、自分自身のマスクを脱ぐのをやり抜くことに同意した。
それは信頼の表しだった。
かつて、トニーは戦いにおいてソーのクローンを使った。そしてクローンはブラック・ゴライアスを殺し、アイアンマンに対する信頼は粉砕され、スパイダーマンはキャップの側へと飛んだ。

マーベル・ユニバースのスパイダーマンの進歩とトニー・スタークとの既存の関係がなければ、これらの行動は全く違って色づく。
選択している成人のスパイダーマンの代わりに、彼自身の協定の、トニーのすることを支持するために、トニー・スタークが一部の貧しい子供を操っていたように映画版は思われる。
そして、スパイダーマンの心変りは行われて、マーベル・ユニバースの核心ほど多くの意味を戦争の中に持たない。

結局はキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーのストーリーのスパイダーマンの存在は、それを解くより多くの問題を実は引き起こす場合がある。
確かにあなたはカメオ出演のために彼をそこに放り込むことができる。しかし、それはほとんど必要ない。
そして、あなたがスーパーヒューマン登録法の危険性を示すために我慢するストリートレベルのヒーローを必要とするならば、マーベルが選ぶたくさんの他のオプションがある。そして、彼らの内の1人は彼の5月にネットフリックスでデビューさせる。

それがコミックであったよりマーベル・シネマティック・ユニバースのシビル・ウォーは異なるようになる。
それはいいことだ。しかし、なされる変化はスパイダーマンの不在を補償するためにより十二分だ。
彼はいずれにしろ決して原作の計画の運転手ではなく、戦争の犠牲者で、歩き回る人々のより多くがきっとある。

キャプテン・アメリカ:シビル・ウォーは2016年5月6日に公開予定だ。

シビル・ウォー (MARVEL)
マーク・ミラー
ヴィレッジブックス
2011-09-28


アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2012-12-19


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です