マーベルの3月に発売されるリーフからわかること!

 

CBR サイトより
2014-12-17_203703

通常通りコミックが実際に発売される前にマーベルの新たに2015年3月にリリースされる新情報を多く含んだ。

「ファンタスティック・フォー」がそのシリーズのフィナーレに向かって進み続けて、ジェイムス・ロビンソンとレナード・かーくによる「ファンタスティック・フォー #644」のためのテキストに「モスト・コントロバーシャル・ファンタスティック・フォー・ストーリー(世紀の最も論争を招くファンタスティック・フォー・ストーリー)」を約束する。
そして、よりファンタスティック・フォー関連のニュースで、インヴィジブル・ウーマンは「シールド」の「大部分のスパイだ」であると明かされる予定だ。巻は彼女の「最後の事件」であるともいわれる。

結末といえば「ナイトクローラー #12」は確かに最後の巻のようだ。「この巻がクリス・クレアモントとトッド・ナウクの連続的なナイトクローラー・サーガのフィナーレ。」

「ノヴァ・アニュアル #1」でハルクが、「ハルク #13」ではデッドプールがゲスト出演。

スコッティ・ヤングとジェイコブ・パーカーによる「ロケット・ラクーン #9」で興味をそそるフレーズ「グルートジラ」。

ブライアン・マイケル・ベンディスとデイビッド・マルケスによる「マイルズ・モラレス:アルティメット・スパイダーマン #11」によるとアルティメッツ自体はまだすぐに終わらないようだ。

ドクター・オクトパスが復帰?ロビー・トンプソンとステイシー・リーによる「シルク #2」のためのテキストが「シルクは金属の触手でお馴染みの敵と戦う!」。それは第2のドック・オクでもあり得る。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です