ジョス・ウィドンはアベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロンが「ストロングがパワーによって損傷する」ものであると話す!

 

CBM サイトより
2014-12-18_015704

監督であるジョス・ウィドンが何人かのプレスに話した。
「キャストはより大きい。
範囲はより大きい。我々はより働かなければならない。
我々にはより大きな世界での仕事があり、アベンジャーズのための大きな世界がある。
彼らがチームとして存在したら、我々は誰でもそれについて考えるものとそれが世界にとって意味するものに対処しなければならない。
それはそれほど単純ではない。」

それからジョス・ウィドンは彼が直接最初の映画に同意する前にされ、彼はウルトロンがアベンジャーズの続編のヴィランであることを望んだと話す。
「私が最初の試技とを引き受ける前に、私は言った『さて、私は私がこれにとって正しいのかどうか、または私がそれが欲しいかどうかわからない。または、あなたは私が欲しいのか。
しかし、第2のものにおいてはヴィランはウルトロンでなければならない。そして、彼はヴィジョンをつくらなければならない。そして、彼はポール・ベタニーでなければならない』
私がその会話をしたとポールに話すことができるまでに3年かかった。」

それから彼は名義上のアベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロンを作った。
そして、それはトニー・スタークとブルース・バナーの「次の素晴らしいアイデア」と最初に考えられた。
「マーベル・シネマティック・ユニバースでは多くのフランケンシュタインがいる。
私自身スティーブ・ロジャースが我々の時代のより綺麗なフランケンシュタインの1つだ。
彼らが利益をもたらそうとしているのか、悪いのかどうかに関わらず、多くの人々がいる。そして、その人は彼らには次の大きなアイデアがあると思う。
そして、次の大きいな考えは通常非常に悪いものだ。
『力(ストロング)が力(パワー)によって傷つけられる』ものはこの映画の中であらゆる人を記述する。
それは実際、映画が何についてであるか述べるかもしれない。
あなたが知っている通り、我々にはあらゆるより多くの力を持ち、我々はそうであるより少ない人間だ。」

これは特にインクレディブル・ハルクに当てはまる。
「書くのがとても難しいハルクを作ることは、あなたが彼がスーパーヒーローである時、彼が狼人間であると偽っているということ。
あなたは逆もまた同じく望む。
あなたは彼に会いたい。そして、バナーは彼に会いたくない。しかし、あなたはバナーが彼に合ってあなたのじゃなになるその人であることを望まない。
問題はどのように彼が進歩したかということでしょ?
どのように我々はハルクがそうするのものの変化をもたらすことができるのか?」

ウィドンは最終的にウルトロンがどんなヴィランかヒーローであるか説明する。
「ウルトロンは人類から特定の距離を感じる。
彼がシーンにいる時、あなたは彼がヒーローでないと決して思わないように感じさせたい。
うまくいけばあなたはこれから出てくる・・・彼に賛成するとまではいかないが彼と彼の痛みと若干のユーモアを得る。」

アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2012-12-19


Age of Ultron
Brian Michael Bendis
Marvel
2013-09-17


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です