映画「アントマン」の強盗要素についてエヴァンジェリン・リリーがコメント!

 

CBM サイトより
2014-12-18_150416

エヴァンジェリン・リリーは映画「アントマン」での彼女の役割について話した。
「私はそのマーベルが彼らのチームとクルーにどれくらい親切かについて発見して驚いたわ。
彼らは共同でスマートな話しでいる。彼らには演じるだけの楽しみがあり、豊かな、ダイナミックなキャラクターがある。
私は大きい機械の歯車の歯車であると思っていた。私はこの経験をお願いすると確信しなかったの。
しかし、私は全部の経験がどれくらい楽しかったかについてとても仰天したわ。」

彼女のキャラクターについて尋ねられる時、エヴァンジェリン・リリーはそれを説明した。
「彼女はアベンジャーズの創始者アントマンとワスプの娘よ。
彼女は非常に優秀で知的で有能で力を持った女性よ。
アントマンはとても強盗映画よ。
それは面白い強盗映画の楽しみ、緊張、ドラマすべてを持っているの。
強盗は自分自身、父とスコット・ラングによって首謀者とされいるわ。」

ハンク・ピムとラングだけが概要で名前があると想定すれば、リリーがホープ・ヴァン・ダインを強盗の立案者として宣言することはいくらか面白い。
「アントマンの上で、私はハンク・ピムのオフィスからラバー・スタンプをとった。そして、その人はマイケル・ダグラスによって演じられる。
何かが私のポケットに入るのに十分小さく、それがきちんとして記憶すべきものごとであるならば、それは行ったわ。」


アントマン:シーズンワン (MARVEL)
トム・デファルコ
小学館集英社プロダクション
2015-01-28


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です