フランク・グリヨが「クロスボーンズ」がなぜ将来のマーベル映画に「ハルク」を連れ出すことができるか話す!

 

CBM サイトより
2014-12-19_133654

エンターテイメント・ウィークリーはフランク・グリヨは恐るべき敵のようなヴィランを作ることに関する彼の考えを共有した。
「彼はよくなく、悪くない、クロスボーンズ。
彼はちょうどイデオロギーを守っている人だ。そして、彼は悪だ。
彼には素晴らしい力がない。彼は傭兵だ。」

そしてフランクは役について何が彼に訴えるかについて話す。
「クロスボーンズについての取引はここにある。ハルクはちょうどあなたに襲いかかる大きな凶悪犯だ。
彼はスイングして出る。クロスボーンズはそれより非常にスマートだ。
さらに彼は武器を得た。ハルクは武器を持っていない。
彼は馬鹿で、未熟だ。クロスボーンズは未熟な人々には負けない。
私はそれらの人々のどれとでも戦う。彼らのどれでも。」

当然のことながら彼はちょうどキャプテン・アメリカとアイアンマンが2016年の地球最強のヒーローのより多くのメンバーを雇う機会を得るかもしれない。
彼とクリス・エバンスとのシーンで抱きるだけ残忍に見えるのを確実にするためにお互いに暴行を加えたようにするユーモラスな話しを明らかにする。
「二人の時間のエレベーターのシーンでエバンスが言った。『あなたは私を殴る。私は行く。
我々はエレベーターの中にいた。私のスタントマンはここに入っていない。
彼らはあなたの顔をうつことができない。我々はこうしなければならない。』
そして、我々はちょうどお互いを叩き始めた。我々は6日間そのシーンをやった。
我々は黒とブルースの中で文字通り援護された。
そういうわけで私は彼を愛している。」

あなたはクロスボーンズの復活を楽しみにしていますか?

 


シビル・ウォー (MARVEL)
マーク・ミラー
ヴィレッジブックス
2011-09-28


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です