ジェームズ・ガンは映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」でサノスを書き込むことは挑戦だったと話す!

 

CBM サイトより
2014-12-19_171637

ジョス・ウィドンのようにジェームズ・ガンは多芸多才であり、彼は映画を管理し書くことができる、
ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのニコル・パールマンによる脚本を書きなおした時に、彼は多くの挑戦に遭遇した。
多くの改変の要求からガンは1つのシーン、ロナンがサノスに呼び出されたところが最も困難であったと認める。

あなたがいくらか本当に映画の一部でないサノスをはめるのを推した。
彼の存在はガーディアンズで本当には取り扱わず、サノスにそのシーンをあらせることはマーベル・ユニバースに役だった。
私は常にそこにサノスを持ちたかった。しかし、構造見地からあなたは彼を必要としない。
それで、それは一部であり、その一部が信じられないほど強力な人物をはめているという事実だ。しかし、あなたは映画の実際の敵対者を過小評価したくなく、それはロナンだ。
あなたは彼が大きい女々しい男であるのを望まない。
それで
どのようにあなたはその仕事を作りますか?
そういうわけでロナンは他を殺す。我々が他を持ったために私はそれが面白いと思い、我々はロナンが自身で彼のしりぬぐいするのを見る。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード (MARVEL)
ダン・アブネット&アンディ・ラニング
小学館集英社プロダクション
2014-09-03


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です