ジェームズ・ガンによると映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」でのオリジナルプランではスタン・リーを殺すことになっていた!

 

COMIC BOOK.com サイトより
2014-12-21_185104

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの映画の中で最終編集版を製作したスタン・リーのカメオ出演は、ディレクターのジェームズ・ガンが当初計画したものではなかった。
ジェフ・ゴールドスミスと一緒のQ&Aにおいてガンは彼がマーベル・コミックスの伝説スタン・リーにまず最初に向けようとしたイベントの恐ろしい変化を詳しく述べた。
元のスタン・リーはカメオ出演について彼がどこでコレクターの部屋の1つから自由になったかについて尋ねられる時、ガンが話した。
「彼は解放されそうではなかった。我々はスタン・リーを殺害するつもりだった。あぁ、我々は彼を殺そうとした。
それが映画の中にない主要な理由の1つだ。
当初、ガーディアンズがコレクターの博物館に入ってきて、我々はコスモに会う。そして、ロケットは唸る。
そして、これまでにあなたがガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーを読んでいたならコスモとロケットが会わないのを知っている。コスモは宇宙犬だ。
そして、彼らはこちらを見る。クイルは蒸気でいっぱいの箱を調べた。そして、この触手は飛び出し彼は飛び戻る。彼は極まりが悪くガモラの前で怖がる。
そして、このことから我々は王一つのボックスに行く。そして、グルートはそれにのぞき込んで、それがそこに座っているスタン・リーだ。
そして、我々は実は2つの異なるバージョンをした。
我々はスタン・リーがそこに座っていたものと彼がグルートを見て彼に指を貸した1つがあった。
しかし、我々がイングランドにいたためにそれは本当のスタン・リーではなく、年をとった紳士のために彼は来ることができなかった。
そして、我々はデジタル的に頭をスタンの頭と入れ替えるとモリだった。そしてそれは我々は後で撃つつもりだった。
しかし、それを我々は加えられなかった。
ケビンはそれがあまりに不真面目であると思った。
そして、ものが爆発する時、我々はスタン・リーの箱が爆発しているのを明らかに見た。
いずれにしろ我々はそうしなかった。」



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です