エージェント・オブ・シールドのエージェント・ウォードはタスクマスターか!?

 

COMIC BOOK.com サイトより
2014-12-27_143505

エージェント・オブ・シールド シーズン2のシーズン冬のフィナーレでエージェント・スカイがデイジー・クエイク・ジョンソンであることがようやく確認された。これを確かめて我々はショーの他の主要な人物が密かに確立したアース616のキャラクターのMCUバージョンであり得るかどうか疑問に思わせる。
来週のシールド #1はエージェント・メリンダ・めり、ジェンナ・シモンズ、レオ・フィッツをマーベルコミックス・ユニバースにもたらす。彼らは以前から紹介されるエージェント・コールソンに加わる。
我々がスカイが本当のアイデンティティを持った初期の鍵の1つは彼女がチームメイトと同じ巻で紹介されなかったことだった。あの序は実はマーベル・ユニバースの中に既に存在したことを示唆した。
そして、不在であるもう一人の人物がいる。エージェント・グラント・ウォードだ。
現在ウォードのためのいくつかの説明がある。その人物はスカイのように彼が実はマーベル・ユニバースの中に既に存在すると言うことだ。

我々はさらにその理論を調査する。テレビシリーズの彼の2重スパイの地位のために、彼が異なる方向にマーベル・ユニバースにもたらされるということ。ウォードが本当にマーベル・ユニバースからの他のだれかであるならば、我々は最善の策がタスクマスターであると思う。お馴染みのタスクマスターはマーベル・ユニバースの大部分のA.I.M.やハイドラの無名な手下を訓練することに対して責任がある。彼には「フォトグラフィック・リフレクシーズ」と呼ばれる独特の技術がある。この能力は彼がかつて活動中に彼らに会うことによって誰のファイティングスタイルまたは能力を学んでマスターするのを許す。

ヴァリアント・コミックスのためのシリーズではタスクマスターの起源と地位を再定義した。タスクマスターが実はシールドで潜入スパイでシールドのトレーナーで妻がいたことを明かした。タスクマスターはスーパー・ソルジャー血清の腐敗したバージョンを注射したことで能力が付いた。しかし、彼が学んだスキルを覚えること副作用で、他に多くの記憶を開けなければならない。この結果彼は記憶喪失の恒常的な状態に陥っている。

それでウォードはもしかしてタスクマスターか?
ウォードにはタスクマスター特有のスーパースキルがない。しかし、彼は白兵戦と射撃の腕前の熟練者だ。シーズン2の冬のシーズン・フィナーレではウォードをさまようままにした。彼は学び、シールドとハイドラで働く時間を費やしたが、彼は両方とも首になった。これはウォードをヴィラン、雇われエージェント、他に対する働く完全な立場に入った。

エージェント・オブ・シールド シーズン1 COMPLETE BOX [Blu-ray]
クラーク・グレック
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-01-21


エージェント・オブ・シールド シーズン1 Part1 [DVD]
クラーク・グレック
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-01-21


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です