アクセル-イン-チャージ:多くの変革をもたらした2014年を振り返る!

アクセル-イン-チャージ:多くの変革をもたらした2014年を振り返る!

2014年12月27日 0

 

CBR サイトより
2014-12-27_151712

毎週金曜日はマーベル・コミックス編集長アクセル・アロンソの定期的なインタビュー!
2014年にもたらされた多くの変革、キャプテン・アメリカの遺産としてのサム・ウィルソン、謎の新しい女性ソー、「スペリアー」アイアンマンと死をまぬがれなかったウルヴァリン、それは盛りだくさんなものだった。

CBR:
「アクセル、年末の最終シーズンです。そして、今週についての質問を考え出す時、私はあなたがコミック2014年の複数回言うのを聞いた何かを覚えていました。女性ソーから死んだウルヴァリンに渡って、マーベルの現在の出力は同社が変化を恐れないということを証明した。
アイコンキャラクターにそれほど多くの重要な変化をもたらす適当な時間にした現在の気候について、それははんですか?」

アクセル・アロンソ:
「私は最も有意な要因が我々マーベルブランドにあり、そのような高さの世界に住んでいると思う。そして一般的なキャップ、ソー、アイアンマン、ブラック・ウィドウが誰であるかについてわかっている。
それは多くの酸素を発表することを与える。
あなたが『ソー』を言う時、一般人は即座に心の画像を持っていて、それはクリス・ヘムズワースだ。
そうあなたが新しいソーを公開し、彼らは即座に反応は意気揚々、怒り、好奇心を持ち、あなたは彼らの注意を持つ。
そして、あなたがバックアップして利益はストーリーだ。ジェイソン・アーロンとラッセル・ドウターマンが立った今しているように、それはシリーズのために本当の後押しに移される。」

全文はこちら