2つ目のアークの終盤に差し掛かる「X-FORCE」に関するサイモン・スプリアーのインタビュー!

 

CBR サイトより
2015-01-15_010911

今日の「X-FORCE #14」ではライターのサイモン・スプリアーはケーブルのチームを全同僚のファントメックスに挑ませるシリーズの第二部のアークを終盤を始める。スプリアーはその戦いについての詳しい解説、ケーブルと彼の昏睡状態の娘ホープ・サマーズの関係について話す。

CBR:
「『X-FORCE #15』で結論に達します。やっていたすべての糸を結ぶ時間があり、満足な結論であるのを感じるようにコミックを持ってきましたか?あなたの話しは当初想像していた方法で終えそうですか?」

サイモン・スプリアー: 
「だーーーいたいわ、そうだね。
私がストーリーの形に魅了されることは、私の仕事をよく知っている読者にとって驚きは来ない。あなたが私自身のキャラクターの1つを言い換える世間知らずな甘さを許すならば、私はストーリーの重要な部分が意味を本当に持ち、本当に重要な優位いつのものが終わると言うことであると思う。『幸せである』または『悲しい』はそれに入らない。」

全文はこちら


X-Force Volume 2: Hide/Fear
Marvel Comics
Marvel
2015-02-03


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です