映画「キャプテンアメリカ:シビルウォー」のライターが映画について様々なことを話す!

 

CBM サイトより
2015-01-15_194631

マーベルとABCのエージェント・カーターのミニシリーズの仕事を作り出している彼らのライター/役員のためのテレビジョン・クリティクス・アソシエイションに出席している間、クリストファー・マーカスとスティーブン・マクフィリーはキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーの彼らの仕事について話した。計画についてい詳述することなく、シナリオライターはペギー・カーターとトニー・スタークの間のポテンシャルと、ティチャラとしてのチャドウィック・ボーズマンのブラック・パンサーをキャストすることはもちろん、「シビル・ウォー」の原資料を検討した。
「我々が撮影を開始しないで、私は4回目の草案に関して質問があり、知っている全場所にあった。それほど多くのものは振り消すことができるが、我々は会話をしてシーンを投げた。いくつかはどどまり、いくつかはそうしない。しかし・・・我々はウィンター・ソルジャーで見たために、ペギーがまわりにいることを知っている。」
チャドウィック・ボーズマンをワカンダの国王に配役することについてキャラクターの詳細を持つと話す。
「指折り最高だ。しかし、私は彼らがチャドウィックと一緒に行ったことで非常に満足している。そして、彼がはいといって彼は得た。」
クリストファーとスティーブンはコミックに対する彼らの反応について話す。
「神話(シビル・ウォーの筋書き)の深さがある。」とマクフィリーと説明。「人々は我々に対し以前これを訪ねた。なぜ今?なぜコミックブックはそれほど一般的か?なぜこれらの映画はそうするのか?いくつかの点で我々はあなたがコンピューターの世界を与えられて、現在うまくやることができるジャンルになった。そして、おそらく日向での時間がある。あなたは50年代に映画に行った。そして、60年代あなたはウェスタンに行った。この点であなたはスーパーヒーロー映画に行っている。そえは同じ黒い帽子を引き継いで、白い帽子の神話を作る。私はそれよりスマートな答えを受け取れない。」
筋書きに関して映画でのどれくらいの脚色がありそうか尋ねられる。
「キャラクターの違いが2006~2007年に書かれたシビル・ウォーにおいてある。そこで我々がそのテンプレートが調整される事を確認してもらいたい人物と、それをあなたにサービスするために持っていくことを手伝ったロバート・ダウニー・Jrまたはクリス・エバンスは、これらの人物ではない。」


シビル・ウォー (MARVEL)
マーク・ミラー
ヴィレッジブックス
2011-09-28


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です