ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2後半についてクラーク・グレッグのインタビュー!

 

CBR サイトより
2015-01-17_134112

エージェント・コールソンの大好きなスカイがドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン前半のフィナーレで人限以上の何かであることが明かされた今、ABCのショーはそれ自身の画期的な進化の準備ができている。グレッグは古典的なマーベルの要素がシリーズへの新しい統合を明らかに楽しんでいる。そして、シーズン2後半の方向について話した。

CBR:
「シーズンがスカイの大きなことを明らかにした時、あなたは何がシリーズで行く予定になっているところに興奮するようになりましたか?」

クラーク・グレッグ:
「私が今シーズンについて好きだったものは、ライターが『ウィンター・ソルジャー』を待ってしばらく本当に立ち泳ぎしなければならなかったことだ。彼らは今は少し彼らから手綱を取った。我々は文書を見始め、7つのまたは8つのエピソードの範囲内で我々はこの地下都市にいる。そして、テリジェネシスがあり、それは素晴らしいものとBAM(危険なもの)だ。我々がカードを配らなければならない今、なぜこの人は変わったのか、そして我々はインヒューマンズを持っている。クールだ!」

全文はこちら

エージェント・オブ・シールド シーズン1 COMPLETE BOX [Blu-ray]
クラーク・グレック
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-01-21


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です