2015年4月に発売されるリーフからわかること!シークレット・ウォーズへのヒント!

 

CBR サイトより
2015-01-20_024647

終わりに達するいくつかのオンゴーイングシリーズ。出版者の次の大きなものとしてのインヒューマンズの継続的な建設、「ウルヴァリンズ」その他たくさんの世界を訪ねる意外な人物、マーベル・コミックスの2015年4月の要求は5月の大きい「シークレット・ウォーズ」への道を開く。

  • ジョナサン・ヒックマンの「アベンジャーズ」と「ニューアベンジャーズ」のために前に発表されたフィナーレに加えて、アレス・コットとマイク・ウォルシュの「シークレット・アベンジャーズは4月にその結論がやってる。」これら3つの結末はジェイムス・ロビンソンとレナード・カークの「ファンタスティック・フォー」の前に発表された終わりに加わる。
  • 「マイルズ・モラレス:アルティメット・スパイダーマン #12」はシリーズがその終わりに達するかもしれない可能性を示す。「壮大な結論」を誇り、「シークレット・ウォーズ」が打つ前にこれが最後の巻であった。そして、来るべきクロスオーバーイベントとのマイルズの関係は文書で十分に裏付けされていた。アルティメット・スパイダーマンが「シークレット・ウォーズ」を引き延ばすことは思いがけないことではない。
  • チャールズ・スーレとスティーブ・マクニブンの「アンキャニー・インヒューマンズ」はデビューする。そして、ジェフ・ラブネスとライアン・リーによって同時に起こる「インヒューマン・スペシャル #1」は3月に始めるスパイダーマンとキャプテン・アメリカとインヒューマンズでのクロスオーバー「インヒューマン・エラー」を与える。
  • 「カナン-ザ・ラスト・パダワン」の発売でマーベルの「スター・ウォーズ」は拡大する。異なるのは他の「スター・ウォーズ」シリーズが「新たなる希望」と「帝国の逆襲」の間であるが、むしろ「カナン」は「スターウォーズ 反乱軍」の宇宙とスケジュールに置かれる。
  • 「マックス・ライド」はジェイムス・パターソンの人気の小説に基づく、ニューヨークコミコンで10月発表され、そのコミックはデビューする。
  • フランク・キャッスルは「スパイダーグウェン」で紹介され、パニッシャーの役割は明らかに「警察隊の警官フランク・キャッスル」であるように見える。
  • ジョン・レイマンは「ガーディアンズ・チームアップ」のガモラ/シーハルクの巻を書く。
  • 「シルバー・サーファー」はあなたを「横で」「静かな」巻を忘れさせるように発表する特大の巻を約束する。カバーのいくつかはメビウスの輪の間にシルバーサーファーを主演させ、ストーリーの仕掛けに関するヒントを提供する。
  • 「ハワード・ザ・ダック #2」では映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」のクレジットシーンになぞらえて共演者のロケット・ラクーンとを「コミックブックの続編はそうする。」
  • マーク・グッゲンハイム、マーク・ウェイド、クリス・サムニー、ピーター・クラウゼによる最近発表された「デアデビル #15.1」とともに帰る。ゲリー・コンウェイとカーロ・バルベーリの好意により「アメイジング・スパイダーマン #17.1」も到着する。3月に始まる「スパイラル」のストーリーを書き続ける。
  • ロムルスである可能性が示すカバーアートで「ウルヴァリンズ」は謎の人物の大きい復帰をティザーする。
  • デッドプールは彼の大きい250巻で死亡する。また、それは偶然彼の公演の最終巻である。
  • 大型のペーパーバックの要求は巻とそれを読むことがジョナサン・ヒックマンの長いゲームに関する手掛かりを全体的なイベントのために提供するという約束と、変わった混合を集めている「シークレット・ウォーズ・プレリュード」コレクションで少しの情報を提供する。

Secret Wars Prelude
Marvel Comics
Marvel
2015-05-19


Jason Aaron
Marvel
2015-05-12

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です