【ネタバレ注意!】アイアンマンことトニー・スタークの出生の秘密が判明!彼の本当の親とは!?

 


02

Marvelより

※近年のコミックのネタバレが含まれています。

2013年、トニー・スタークはハワード・スタークの養子であることが明かされた。
出生時に死亡が確実視されていた実の息子アルノを救うために、ハワードはエイリアンのライジェリアン・レコーダー451の助けを借りた。妻マリアは無事にアルノを出産するも、彼は医療扶助が必要な体であり、451の干渉を恐れたハワードは彼を隠し、養子のトニーを実の息子として育て始めた。

それから3年。
本当の親が明かされずにいたが、ついに「インターナショナル・アイアンマン」で彼の出生の秘密が明かされた。

アマンダ・アームストロング
売れないミュージシャンとして過ごしていた彼女は、ある夜シールド・エージェントのヴァレンティーナが接触。アマンダに彼女の父がA.I.M.によって殺された連邦捜査官であったことを教えた。ヴァレンティーナはシールドのエージェントの配置が世界をカバーできるよう、派遣団の一人としてアマンダに協力を求めた。
それから彼女はシールドの協力もあって、そこそこ成功したミュージシャンとなった。ある夜、彼女は荷物を運ぶためにドイツへ向かい、シールド・エージェントのジュードと出会う。ハンブルグで暗殺者に襲われた彼女はジュードによって救われた。ジュードはヒドラ・エージェントからの攻撃であることをうやむやにし、そのまま彼女とデートを重ねた。
2年後、アマンダは妊娠してシールドを引退。ジュードは出産予定の一週間前になって姿を消すよう彼女に説得する。実はジュードはヒドラとシールドの2重スパイであり、自分のために長い間仲間のエージェントを売って利益を得ていたことを明かした。ジュードはヒドラの保護を受け入れるよう説得し、アマンダはハサミで彼の首を刺した。
この展開にショックを受けた彼女は自身の子供を安全にいさせるために、アンソニーと名付けた息子を養子に出した。シールドは創設者で子供を欲していたハワード・スタークへと届けられた。

Anthony_Stark_(Earth-616)_and_Amanda_Armstrong_(Earth-616)

International Iron Man Vol. 1
Brian Michael Bendis
Marvel
2016-11-08


International Iron Man Vol. 2
Alex Maleev
Panini Books
2017-02-07


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です