シークレット・エンパイアのスティーブ・ロジャースは誤解されたヒーローではなくヴィランだ!

 


03
CBRより

スティーブ・ロジャースが「キャプテン・アメリカ:スティーブ・ロジャース」#1の最後のページで「ハイル・ヒドラ」と口にし、マーベルファンが衝撃を受けた。「アベンジャーズ:スタンドオフ!」のイベントの間に、コズミックキューブの化身コビックがレッドスカルの指示に従ってスティーブを若くし過去を書き直した。それから彼がマーベルの来るイベント「シークレット・エンパイア」でアメリカを征服するために、彼は裏で多くを企んだ。

ライターのニック・スペンサーとマーベル編集長アレックス・アロンソは自由の番人(Sentinel of Liberty)が本当に物語のヴィランであると警告した。
「これはヒーロー対ヒーローではなく、スティーブがヴィランである。コズミック・キューブに起こったことで彼はストーリーのヴィランの側にいる。」とエンターテイメント・ウィークリーにスペンサーは話す。
「それはヒーロー間の意見の相違で起こることではない。スティーブは非常に悪い意図があり、彼はキューブがしたことで100%のヒドラだ。」

「シークレット・エンパイア」#1は5月3日発売。

Secret Empire Prelude
Marvel Comics
Marvel
2017-05-09



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です