マーベル・レガシーからの『デアデビル』の詳細が判明!

 

143

NEWSARAMAより

マーベル・レガシーからのデアデビルはライターのチャールズ・スーレとステファノ・ランディーニによって描かれ、デアデビルの宿敵ウィルソン・フィスクは新たな地位、ニューヨーク市長の座を手に入れる。「ウィルソン・フィスクとマット・マードックは彼らのエゴであるキングピンとデアデビルだけでなく、彼らが共有する都市にとって何が正しいのか特別な見方を持っている。彼らはどちらも街を愛しているが、NYCにとっての最善はそれほど正反対ではない。」とスーレは述べている。
「メイヤー・フィスク パート1」はデアデビル #595より開始。

dml
Marvel Legacy
Jason Aaron
Marvel
2018-02-27


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です