マーベル・レガシーからの『ピーター・パーカー:ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン』の詳細が判明!

 

145

NEWSARAMAより

マーベル・レガシーからの「ピーター・パーカー:ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン」は#297という古くからのナンバリングに戻り、ライターのチップ・ズダースキーとアーティストのアダム・キューバートによって描かれる。スパイダーマンの原点回帰として開始されたシリーズであるため、ズダースキーもすでに「レガシー」を念頭においた考えで構成されたように感じると述べている。
「モスト・ウォンテッド」というタイトル通り新たなストーリーは、スパイダーマンがニューヨーク警察に追われ、デイリー・ビューグルの一面でこき下ろされる古典的なものとなる。ズダースキーはコミックの中で古くからの敵と友人が戻ってくると話している。「その後、我々はスパイディの遠い過去に根に持つかなり激しい世界的脅威に対処していく。これは私が作った最大のチャンスで、私はかなり興奮している。特にアダムがどのようにそれを描いてくれるか見てほしい!」
「モスト・ウォンテッド」はピーター・パーカー:ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン #297より開始。

PPSS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です