マーベル・レガシーからの『ダークホーク』の詳細が判明!

 

149

NEWSARAMAより

マーベル・レガシーからの「ダークホーク」は22年5ヵ月ぶりとなり、ライターのチャド・バウワーズとクリス・シムズが担当し、アーティストのケブ・ウォーカーによって描かれる。今回のワンショットについてバウワーズは、オリジナルシリーズが終わって以来、ファンが叫び続けた壮大な宇宙の冒険で、ダークホークの挑戦だと話す。クリス・パウエルは神秘的な御守りを見つけ、フラタニティ・オブ・ラプターズの一員として宇宙の冒険家となった。そのお守りが二人のラプターズによって盗まれ、ニューヨークにやって来たためにダークホークが対処することとなる。

「ザ・リターン パート1」はダークホーク #51より開始。

DHML

Darkhawk Classic - Volume 1
Danny Fingeroth
Marvel
2012-05-09


Darkhawk: War of Kings
C. B. Cebulski
Marvel Enterprises
2009-11-25

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です