映画『X-Force』の監督がドリュー・ゴダードであると報告される!

COMIC BOOK.comより

20世紀フォックスによる映画「X-Force」の脚本と監督をドリュー・ゴダードが務めるとデッドラインが報じた。レポートによるとデッドプールとケーブルを中心として動くとも報じられており、X-MENよりも過激なチームとなる。

ゴダードはドラマ「デアデビル」の立ち上げを支援し、一部エピソードの脚本も手掛けた。ソニーにおいての映画「シニスター・シックス」の脚本も書いていたが、企画がマーベル・スタジオのスパイダーマンに移行してしまった。

映画「デッドプール2(仮)」は2018年6月1日に米国公開予定。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です