「マーベル・ツーインワン」はファンタスティック・フォーの復活を告げる!

CBRより

12月より発売される「マーベル・ツーインワン」においてヒューマントーチとシングは家族を再び完全にするという使命を果たす。シリーズはライターのチップ・ズダースキーとアーティストのジム・チャンによって描かれ、二人は行方不明となっているリード、スー、フランクリン、ヴァレリアの捜索を開始する。

ズダースキーは「ベンとジョニーはリードとスーに起きた謎を突き止めている。世界はリード、スー、そして子供たちが死んでいると考えているが、特にジョニーはそれ受け入れることができない。だから我々は何が起こったのかを知る旅に出掛けている。」と話す。鍵を握るのはドゥームであることも話されており、シークレット・ウォーズ後の彼らに何が起きたのかがいよいよ明かされる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です