スコット・スナイダーが手掛ける最後のバットマンを予定している『バットマン:ラスト・ナイト』を発表!

Newsaramaより

ニューヨーク・コミコンにてスコット・スナイダーとシーン・マーフィーによる新たなシリーズ「バットマン:ラスト・ナイト」を発表した。このストーリーはスナイダーによるシリーズ「オールスター・バットマン」で最後に掲載予定だったが、「ダークナイツ:メタル」と「バットマン:ホワイト・ナイト」のために延期された。

スナイダーは「バットマン:ラスト・ナイト」を彼の最後のバットマンストーリーにしたいと話している。「バットマンは突然目覚めると彼は若かった・・・。しかし、彼は滅ぼされ荒れ地となったゴッサム・シティで目覚め、砂の中から這い出る。」とスナイダーは話す。更に鎖でつながれたジョーカーや年老いたワンダーウーマン、赤ちゃんのスーパーマンも登場し、スナイダーによる「子連れ狼」のようなストーリーとなると話す。

「バットマン:ラスト・ナイト」の具体的な発売日は不明。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です