映画『アベンジャーズ4』はすべての作品のフィナーレとなり、その後に全く異なる20作品を計画している!

CBRより

マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは4作目の映画「アベンジャーズ」が、これまでの作品とは異なるもので、すべての作品のフィナーレになると約束した。更にその後、20作品の全く異なる作品を制作する模様。

雑誌「ヴァニティ・フェア」にて「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のキャラクタービジュアルが初公開され、インタビューでファイギは語った。

「22作を制作しているが、以前に制作した作品とは全く異なる20作の映画がある。2つの異なる時代があるだろう。アベンジャーズ4の前すべてと後のすべてだ。それは皆が期待している方法ではない。」

現在公開が完了した17作品に加え、今後公開予定の「ブラックパンサー」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「アントマン & ザ・ワスプ」「キャプテン・マーベル」「アベンジャーズ4」の計22作。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は2018年4月27日より日本公開。

2件のコメント

  1. 記事中には「4作目の映画「アベンジャーズ」が、これまでの作品とは異なるもので、すべての作品のフィナーレになる」と書いてありますが、
    記事名には「映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はすべての作品のフィナーレ」と書いてあります。

    インフィニティ・ウォーはアベンジャーズ3のみで、アベンジャーズ4は別のタイトルが付く予定なので
    記事名は「映画『アベンジャーズ4』はすべての作品のフィナーレ」であるべきだと思います。

    1. ご指摘ありがとうございます。
      おっしゃる通りタイトルに誤りがありましたので、編集いたしました。
      申し訳ありませんでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です