マーベル・コミックスの2018年7月の勧誘から分かること!

Newsaramaより

マーベル・コミックスの2018年7月の勧誘からわかることを一部紹介。

「デス・オブ・ザ・インヒューマンズ」#1にて登場するキャリオンと呼ばれるブラックボルトにも似たキャラクターが登場。

「アメイジング・スパイダーマン:リニュー・ユア・ヴァウス」#21にてピーターとMJの娘アニーによるクローンサーガが始まる模様。

「インフィニティ・ウォーズ」前に「ドクター・ストレンジ」#3でストレンジはタイム・ストーンを巡りスーパースクラルと対決する。

「スパイダーマン/デッドプール」#35,36において死んだピーター・パーカーの両親が、再びシールドのLMDとして復活する。

「X-MEN:ブルー」#31,32において最近では協力していたマグニートーと対峙する。「X-MEN:ゴールド」#32でレイチェル・サマーズがハウンドとなって再びヴィランになる可能性がある。「ケーブル」#159ではケーブルがタイムトラベルによって両親と再開するが、彼の暗い秘密が明らかになる。

「アベンジャーズ」#5では「マーベル・レガシー」#1から登場しているダーク・セレスティアルとロキの驚異に対処する。

「ソー」#3においてヘラの恐怖の結婚式として、相手の候補がソーかボルダーであることを窺わせる。

「トニー・スターク:アイアンマン」#2においてトニーの秘密を知るキーマンとして、ローディの復活を匂わせる。「パニッシャー」#228にてトニーは現在、ウォーマシン・アーマーを着ているパニッシャーと対峙する。

すべてが謎につつまれたタイトル「X・クラシファイド」がやってくることが明かされている。それは復活したウルヴァリンのシリーズか、オリジナル・X-MENのシリーズか、アンキャニー・X-MENのシリーズか定かではない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です