マーベル・コミックスの2018年9月の勧誘から分かること!

Newsaramaより

マーベル・コミックスの2018年9月の勧誘からわかることを一部紹介。

「デッドプール」#4にてファンタジーな世界ウィアードワールドをデッドプールが訪れる。そこでウェイドは魔女との恋愛を開始するかもしれない。

「コズミック・ゴースト・ライダー」#3において、コズミック・ゴースト・ライダーは未来のバージョンのガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーと対峙する。ロケットとグルートのハイブリッドや、ハワード・ザ・ダックとジャガーノートのハイブリッドなどが登場する。

2つのタイトルに登場する若きオリジナルX-MENは、「エクスターミネーション」#3においてエイハブと彼のハウンドによって「全てのX-MENチームは武装しなければならない」事態となり、9月で終了となる「X-MEN:ブルー」#35、36で「未来の不快な現実に直面しなければならない」とある。

「X-23」#4においてローラ・キニーはステップフォード・カッコーズと対立する。長年のX-MENが対立するのはローラの義妹ギャビーに原因があるようだ。

「X-MEN:ゴールド」は#36にて終了となるが、その前の#35にて「ストームの最後の戦い」と書かれている。更に#36のカバーではチームメンバーの墓から去るキティ・プライドの姿が描かれている。「アイスマン」#1では「新しいミュータント・マサーカー(ミュータント大虐殺)」について言及されている。

「スクィレルガール」#36でスクィレルガールとアイアンマンは「文字通り言葉を失わせる」新たなヴィランと対峙する。

「スパイダーマン/デッドプール」#38ではミラクルマンにも似た新たなキャラクター「マスターマトリックス」が登場。彼は「世界で最も強力な若いロボット」と表現されている。

復活した「ウェスト・コースト・アベンジャーズ」の#2においてティグラが久々の登場を果たす。明らかにされていないがティグラは巨大な状態で登場し、過去にハンク・ピムと恋愛関係にあったことが関連しているかもしれない。

「エッジ・オブ・スパイダーゲドン」#4においてノーマン・オズボーンがスパイダーパワーを手に入れ、ピーター・パーカーと共に「世界を変える」仕事をしている模様。この世界のハリー・オズボーンはゴブリンの傾向のようだ。

「ファンタスティック・フォー」#2では「宇宙が死ぬ」とも文言が書かれており、シークレット・ウォーズ後に彼らが再構築してきたマルチバースが何者かに攻撃されている模様。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です