マーベルが新たなワンショット『X-MEN:エクスターミネイテッド』を発表!

Newsaramaより

マーベルが新たなワンショット「X-MEN:エクスターミネイテッド」を発表した。ライターのザック・トンプソン、ロニー・ナドラー、クリス・クレアモントにアーティストのニール・エドワーズによって描かれ、「エクスターミネーション」によって死亡したケーブルの影響を描く。ケーブルの娘のホープ・サマーズが登場し、彼女は喪失によって暗い恐ろしい道に魅了されそうになるが、ジーン・グレイが彼女の生きる唯一の希望になる。

ナドラーは「この号はケーブルにちゃんとお別れを言い、彼の遺産を尊重し、彼に近しいミュータントへの大きな影響を見るチャンスだ。最も重要なのはサマーズ一家が悲しみにどう対処するのか、先に進む難しさがある。この号にはファンが好きな様々な時代のX-MENが詰まっている。私たちは憂鬱な機会にも関わらず、読者を一緒に連れていけることに興奮している。」と話している。

「X-MEN:エクスターミネイテッド」#1は12月より発売予定。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です