マーベルは新たなデアデビルのストーリー『デス・オブ・デアデビル』を発表!

CBRより

マーベルは「デアデビル」#609から開始する新たなストーリー「デス・オブ・デアデビル」を発表した。ライターのチャールズ・スーレとアーティストのフィル・ノトによって描かれ、恐れ知らずの男はニューヨークのキングピンに再び挑戦する。

スーレは「過去に多くのライターは最後にデアデビルを恐ろしい状況に追いやった。ブライアン・マイケル・ベンディスは彼をエド・ブルベイカーが扱う刑務所に入れた。マーク・ウェイドはサンフランシスコで秘密のアイデンティティを吹き付けられ、彼はもう弁護士ではなかった。私はそのすべてを取り扱わなければならなかった。それで、私はデアデビルを考えられる最悪な場所に残す、壮大な伝統を続けたかった。次のライターにマットが決して手を出せない不可能な問題に対処できるようにしたかった。私は今までに行われた中で最大のものを作りたかったので、デアデビルの最後のアークを『デス・オブ・デアデビル』と呼んでいる理由だ。」と話している。

「デス・オブ・デアデビル」は「デアデビル」#609~#612で描かれ、10月17日より発売予定。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です