『デッドプール』の制作者『ロブ・ライフェルド』が2019年のX-MEN大型クロスオーバーに取り組んでいると明かす!

CBRより

「デッドプール」や「ケーブル」の制作者でライターのロブ・ライフェルドは、マーベルで新たなX-MENの大型クロスオーバーに取り組んでいると明かした。

ライフェルドはウィザード・ワールド・コミコンで「私は2019年の新しいプロジェクトに取り組んでいる。それは巨大なX-MENのクロスオーバーだ。マーベルは感謝祭に私を呼び、『あなたに大きな話しをやってほしい』と話した。私は誰もやらなかったようなかなり積極的な提案をし、それは何であるか何を意味するかは言えないが、新しいものがたくさんある。」と話した。

ライフェルドはニュー・ミュータンツやX-FORCEを担当し、マーベルを去った後はイメージ・コミックスでコミックを製作していた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です