Comicbook.comより

マーベル・スタジオがカンフーキャラクターである「シャン・チー」の映画を計画中だとデッドラインが報じた。脚本はアジア系アメリカ人のデイブ・カラハムが担当しており、アジア人かアジア系アメリカ人の監督を求めているという。

マーベルはアフリカ及びアフリカ系アメリカの文化を扱った映画「ブラックパンサー」が前例のない成功を収めており、アジアおよびアジア系アメリカ文化のための映画を製作する模様。

MCUからは映画「キャプテン・マーベル」は2019年3月15日より日本公開予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です