CBRより

マーベルは4月より開始されるイベント「ウォー・オブ・ザ・レルムス」の新たなタイイン誌を発表。既存シリーズとしては「ソー」「アスガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」、全3号の新たなミニシリーズとして「ウォー・オブ・ザ・レルムス:パニッシャー」「ウォー・オブ・ザ・レルムス:アンキャニー・X-MEN」が開始される。

「ウォー・オブ・ザ・レルムス:パニッシャー」はライターのジェリー・ダガンとアーティストのマルセロ・フェレイラによって描かれ、ニューヨークに侵攻してきたマレキスのモンスターにニューヨークのモンスター、パニッシャーが対処する。

「ウォー・オブ・ザ・レルムス:アンキャニー・X-MEN」はライターのマシュー・ローゼンバーグとアーティストのペレ・ペレスによって描かれ、ウェストチェスターに現れたマレキスの軍隊にダニ・ムーンスターを筆頭としたX-MENが対処する。

#12よりタイインする「ソー」ではマレキスによってニューヨークに侵攻するフロスト・ジャイアントだが、そんな中でロキとローフェイは親子の充実した時間を過ごす。

#8よりタイインする「アスガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」ではテン・レルムスを掌握しようとマレキスの地球侵攻が始まり、どんな助けでも必要とする中でアスガーディアンズも救援に駆け付ける。

「ウォー・オブ・ザ・レルムス」の各タイインは4月より発売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です