CBRより

マーベルがデッドプールやケーブルを生み出したことで知られるロブ・ライフェルドによる、新たなX-MENキャラクター「メジャーX」を発表した。「メジャーX」は全6号のミニシリーズとなり、彼は「エックシステンス」と呼ばれる平和と調和を得たミュータントの理想郷の出身者。エックシステンスはミュータントに起こった悲劇の後に築かれた理想郷だったが、恐ろしい何かが起こって彼はマーベル・ユニバースへとやってくる。しかし、彼の望んだ場所へたどり着かず、最初の号では1991年にいる。ストーリーの終わりまでに現代のマーベル・ユニバースにやってくるとライフェルドは語った。

シリーズはイメージ・コミックスの共同創設者ウィルス・ポータシオとブレント・ピープルズと共に描いていく。

「メジャーX」は4月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です