映画『アクアマン』がDC映画史上最も稼ぐ映画に!

映画『アクアマン』がDC映画史上最も稼ぐ映画に!

2019年1月28日 0

CBRより

映画「アクアマン」がクリストファー・ノーラン監督の映画「ダークナイト ライジング」の成績を上回って、DC映画史上最高記録を誇る映画となった。

Box Office Mojoによると映画「アクアマン」の全世界興行収入が10億9000万ドルを稼ぎ、10億8000万ドルを稼いだ「ダークナイト ライジング」を上回っている。

映画「アクアマン」の成績の大きな要因は海外での興行収入にあり、国際興行収入は7億7400万ドル以上を稼ぎ出している。そのため米国内の興行成績は3億1600万ドルであり、「ダークナイト ライジング」の4億4800万ドルには届いていない。

「人間として育てられた、海底国アトランティスの末裔。シャチやサメはじめ、海の生物すべてを味方につけ、意のままに操り戦う男 ― 彼の名をアクアマン(ジェイソン・モモア)。故郷アトランティスが、人類を滅ぼさんと地上侵略を始めたとき、彼が守るのは、人類か、それとも海底か。」

映画「アクアマン」は2019年2月8日より日本公開。